一ヶ月前に3連休が取れることが判明したので、急遽旅行となりました。

日程が決まってから上がったプランは次の3つ。

・北海道
・大阪でUSJ
・軍艦島

その中から、今回の期間に行くことを踏まえて北海道をチョイス。

まさかその時には、総移動距離 約1,307kmという恐ろしいことになるとは、思ってもいませんでした。。。

1日目:日帰り!?函館観光(五稜郭・夜景)
2日目:旭山動物園・サンセット流氷ツアー♪
3日目:犬ぞり・支笏湖リベンジ!

まずは1日目。

□1日目
日帰り!?函館観光(五稜郭・夜景)

前日は、なんとか20:00に退社させていただき、翌朝5:20頃には電車に乗って羽田へ。
羽田から新千歳空港へ。金曜日ということもあってか空席もある飛行機内。
離陸して、飲み物を飲んで、寝て、起きたらそこは新千歳。自分、羽田-新千歳間を起きて移動したことがないです。

新千歳空港についたらそのままJRのみどりの窓口へ。
札幌市内-函館間の指定席往復割引きっぷを購入して、函館へ!
指定席券ではあるものの、すでに指定席は埋まっていたので自由席に乗車することになりました。
特急「北斗」という新千歳から直接は乗ることが出来ないので、南千歳駅で乗り換え。

自由席では通路を挟んで横に座ることが出来たので助かりました。
南千歳駅で購入した駅弁を食べながら、片道約4時間の電車移動。
通路側なので主に寝たり、ラジオを聞いたりしながら過ごしました。
イスとの相性があまり良くなかったようで、寝付いても身体が痛くて眠り続けることも出来ずに、それはちょっとつらかったです。
でも、移動しながらグーグルマップで位置を見るのは面白かった。
登別・室蘭・洞爺湖・長万部など聞いたことはあるけれど、どのあたりにあるかは知らなかった街をことごとく通過しました。

電車を五稜郭駅で下車。
駅からはタクシーを使い、スープカレーを食べにAsian Bar RAMAI(ラマイ) 函館五稜郭店へ(※1)。

北海道で初スープカレー!(RSRの会場では食べたことあるけど)
チキンカレーと野菜カレー、ラマッシー(ラッシー)を注文。
チキンカレーは野菜もたっぷりで、食べごたえ充分。ライスはSに、辛さは1(マイルド)にしたのですが、
美味しくペロリといただきました。
野菜カレーは辛さ3(通常)で、スープ多め。こちらの辛さも程よくて美味しかったです。

移動中タクシーの運転手さんから聞いた情報によると、この店の付近には他にも良いお店がいっぱい。
まず、道路向いの「ハセガワストア」では「やきとり弁当」が有名。
五稜郭よりに歩いて行くと「ラッキーピエロ」やらーめんの「あじさい」があるとのこと。

旅行の数日前にテレ朝で放送していた『ハナタレナックス EXスペシャル』内で、
GLAYのTAKUROUが「やきとり弁当」を紹介していたのを帰宅してから見なおして、そこで初めて気がついたので驚きました。

お腹いっぱいになって、いざ五稜郭。
まずは五稜郭タワー。五稜郭歴史ガイドツアーなるものがったので、聞いてきました。
自分たちで展示を見て、読んで回るのもいいですが、ガイドのお姉さんの話を聞きながら知るというのも良かったです。

五稜郭が何のために作られたものなのか、
どうしてあの形なのか、
土方歳三、最後の地なのは知っているが、詳しいこと知らない。
その辺のお話を聞くことができました。

五稜郭タワーを後にして、五稜郭へ。
堀の中に入ってお散歩。裏門橋から堀の外に出て、表門橋へ向かってお散歩。

季節に寄って見える景色が変わる五稜郭。
春も夏も秋も冬も楽しめそうでした。

五稜郭公園前駅まで歩いて、市電で移動。
市電って、路面電車なんですねー。

当初は函館駅で下車する予定が、どうせ函館山へ向かうのだからと調べ直し
函館山へ行くための最寄り駅、十字街で下車。(16:50ごろ)

歩いて函館山ロープウェイに向いました。
まだ夕暮れ程度の時間ということもあり、さほど混んでいなかったのですんなりと山頂へ。

日の入りが17:15頃、夜景になるのが17:45頃(※2)とのことなので待機。
人がいっぱいなのは当然としても、本当に人だらけで…。
かつ、自撮り棒がいっぱい…。
主にアジア圏からの旅行者は、こぞって自撮り棒を使ってiPhoneで撮影されていまして、
めっちゃ写り込んでくるんですよ。
デジイチを持っているか、自撮り棒を持っているかと言っても過言じゃないんじゃないか、などと思いつつ待機。

箱根に行くなら夜景は見た方がいい!と言われたので、帰りの電車を終電にして予定に組み込みましたが、
やっぱり綺麗でした!天候に恵まれえいたこともあり(と、言いつつも、普通に曇ったり雪がぱらついたりもしていました)、
遠くまで綺麗に見えたので大満足。

しばらく夜景撮影をして、夜景を眺めて、下山!…したら、ですね、
下のロープウェイ乗り場についたら、人・人・人。
今から上に登りたい人たちの長蛇の列。建物の中だけではなく、坂にも列が。

早めに登ておいて本当に良かったと胸をなでおろしつつ、タクシーでラッキーピエロ 函館駅前店へ(※3)。
函館はラッキーピエロに支配されえいるといっても過言でないと聞いていたのですが、
本当にあっちこっちにあるわあるわ。調べて驚きました。
時間がないのでお持ち帰りに。ラッキーピエロは注文してから作るらしいと聞いていたので、
時間平気かな?とも思いましたが、問題なく購入。今回はチャイニーズチキンとラッキーエッグ。
店内には色んなメニューが貼ってあり、中でもオムライスが美味しそうだった…。じゅるり。

商品を受け取り、函館駅へ。
ちょっとだけお土産を見てから、すぐに電車に乗車しました。
出発まではまだまだ時間があったのですが、すでに電車は乗り込みが可能になっていて有りがたかったです。
19:14箱根発、札幌への終電に乗り込んで、さらば函館。

帰りの電車の中で、ラッキーピエロをもぐもぐ。
他の席でも同じように、ラッキーピエロで購入した商品を食べている人がおりました。

帰りももちろん約4時間。帰りは全然寝付けず。
30分くらい寝るとね、起きちゃうんですよ。
背中がね、痛いんですよ。。。

帰りの電車は大変辛かったです。
少し遅れたことで、札幌についたのは23:15頃。そのまま地下鉄に乗り込んでホテルへ向かいしました。
車道は雪がないのだけれど、歩道はガッツリ凍っていて、怖いのなんのって。

無事にホテルについて、一日目終了!!

…とはならず、もうひと頑張りとラーメンを食べに徒歩移動。
ホテルが決まった時点で、札幌に来たら行っていたラーメン屋さんが比較的近い位置にあることを調べてあったのです。

歩くこと、徒歩15分。到着、らーめん信玄南6条店(※4)にございます。
到着したのは0:00を回っていましたが、店内には席待ちのお客さんが。外じゃないので寒くもなく、特に苦もありませんでした。
信州(こってり味噌)と播磨(こってり塩)のハーフを注文。

以前来店した時に、何を食べたのかサッパリ覚えていないのですが、
播磨がすごく美味しい!!たまりませんでした。
ここの麺が好きなんですよねー。黄色い縮れ麺。

満足してホテルに戻りました。
一日目はこれにて終了。

<行動>
羽田空港→新千歳空港→五稜郭駅→スープカレー(ラマイ)→五稜郭→箱根山→ラッキーピエロ(お持ち帰り)→箱根駅→札幌駅→札幌市内ホテル(チェックイン)

<注釈>
※1:Asian Bar RAMAI 函館五稜郭店
食べログ http://tabelog.com/hokkaido/A0105/A010501/1029968/

※2:箱根山ロープウェイHPにその日の夜景になる時刻が掲載
http://www.334.co.jp/jpn/

※3:函館ハンバーガー・ショップ ラッキーピエロ
http://www.luckypierrot.jp/

※4:らーめん信玄南6条店
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1002793/

IMG_2095

IMG_2101

IMG_2108

IMG_2109

IMG_2134

IMG_2140

IMG_2164_01

IMG_2175_01

IMG_2185_01

IMG_2198_01

IMG_2209

IMG_2212


スポンサーリンク