2泊3日の北海道旅行。

2日目は旭山動物園・サンセット流氷ツアーに!
旅も真ん中。今日もたっぷり移動です。
1日目が北海道の南とすれば、2日目は真ん中と北東満喫の一日でした。

□2日目
旭山動物園・サンセット流氷ツアー♪

二日目の朝も早い。
本日は旭山動物園・サンセット流氷ツアーにございます。

当初はその前に、朝バイキングを食べに行こうとしていたのですが、
朝の時間を少しでも長くするために、昨夜ラーメンを食べに行ったのでした。

おかげさまでホテルを7:30ごろ出発。
近くの他のホテルが今回のツアーの集合場所でした。7:50に集合。
その後3箇所程度、別の集合場所をバスが周り8:30頃には全員が乗車。旭山動物園(※1)へ向かって走り始めました。

このバスが、実に眠り心地がよく、乗車後すぐにぐっすり眠り込んでしました。
そのため起きたのは一回目のトイレ休憩。
このツアーでは食事がついていないため、昼ごはんはこの休憩場所か旭山動物園で取らなければいけませんでした。

動物園は2時間だけ。でも満喫する気まんまん。というわけで、休憩場所で食料調達。
カラアゲ、コロッケ、焼きおにぎり、チョコクロワッサン。
チョコクロ以外はペロリと食べて、更に眠りました。

そして到着、旭山動物園!(11:05)
ペンギンさんのお散歩は11:00~。
ホッキョクグマのもぐもぐタイムは11:15~。

そこで、我々の立てたプランは、ホッキョクグマもぐもぐタイム→ペンギンさんのお散歩は帰り姿を見る、というもの。
というわけでほっきょくぐま館へ。
ホッキョクグマ(しろくまさん)、可愛い―!が、すでに館内に入るための長蛇の列が。
そこで、もぐもぐタイムは諦めて、外から見えるしろくまさんを見に行きました。
可愛いじゃないか(ニヤニヤ)

予定が変わってしまったので、そのままペンギンさんのお散歩を様子見。
すでに折り返して戻ってき始めている姿を見てから、アザラシ館へ向いました。

こちらは館内にスルリと入ることが出来、あっちへこっちへ泳ぐアザラシを見てから外へ。
こちらももうすぐもぐもぐタイムということで、待機して待ちました。

結構良い場所からもぐもぐタイムを楽しみました。
2匹いたのですが、それぞれの個性が違っていて面白かったです。

再びペンギンさんのお散歩へ。
今度はペンギン館の前で、お散歩の帰りをお出迎えに。
お散歩しているのはキングペンギンなのですが、本当に大きんですよ。相変わらずの迫力でした。

その後も時間いっぱいまで園内を散策。
シロフクロウは雪の中にポツンと。どうかするわけではないものの、その白さがより際立っていました。

オオカミさんたちがこぞってお昼寝。
一匹、寝ぼけた狼が足元の狼を蹴り、蹴られた狼が起きてキョロキョロするという、コントのような姿が見れました。

エゾシカさんの角は立派でした。

バスへの集合は13:10。最後に売店でスティックピザとかぼちゃのお菓子を購入してバスの中でもぐもぐ。
バスは再び走り出し、流氷を見るために乗り込むガリンコ号(※2)が待つ紋別へと向いました。

順調にバスが走り、15:40頃に到着。乗船するのは16:10発サンセットクルーズ。
少しだけ時間があるので、乗船までは自由行動となりました。
このガリンコ号乗り場の前には氷像が展示されており、その中に巨大な氷の滑り台が!
私はやめておきましたが、同行者が楽しげに滑り降り、尻を濡らしておりました。

あと、バスガイドさんが話していたソフトクリームを食べました。
暑い時は味よりも冷たさが先に感じてしまうから、寒い時に食べるときのほうがより味を強く感じて美味しいという話でしたが、
確かにすごく美味しかったです。

程なく乗車時間に。
ガリンコ号Ⅱに乗り込んで、クルーズスタート。
船の上は、さすがに寒い寒い。もちろん船内の中にいれば寒くもないのですが、席はすでに埋まっていたり、
どうせ見るならやはり外がイイ!ということで、流氷到着までも外で過ごしました。

段々と遠くに白い氷が。
でも見えてから辿り着くまでにもやっぱり中々の距離がありました。
それでも無事に流氷に到着。

テレビでしか見たことのない景色が目の前に。
沈みゆく太陽と流氷は、今ここでしか見れない風景で、感慨深いものがありました。

どうやら本来よりも長く船を出してくれたようで、とてもありがたかったです。
(とはいえ、理由は同乗していたテレビクルーのためのようでした。が、「いやー、短いですね」と答えるテレビクルーの発言がなんともいやはや)

帰りのバスに乗り込んで、目指せ札幌。ありがとうガリンコ号!
太陽が沈んだ後は、やっぱり寒い…。窓際は更に寒い…。
帰りのバスは眠ることも出来ずに、録音してあるラジオを聞きながら移動しました。

朝イチのバス内で夕飯用の海鮮弁当の注文を取っていたらしいのですが(寝ていた)、
それが各乗客に配られており、気配りのきく良いツアーでした。

我々はススキノ下車組と一緒にバスを降り、そのままジンギスカンを食べにだるまへ(※3)。
札幌でジンギスカンといえば、毎度おなじみ「だるま」です。

比較的空き始める時間だと思ったのですが、結局一時間ちょっと待ちました。
そして、店内への案内をされたタイミングで旅行前から立てていたプラン実行です。
コートを脱ぎ、持参した大きなビニール袋へIN。
さっそうと店内へ。
少しだけ食べにくい位置にイスがある状態でしたが、それらが気にならなくなるくらい、美味しい美味しい!
これだから、だるまに来るのをやめられないんですよねー。

肉も美味しいんだけど、野菜も美味しいわけですよ。
幸せです。

それでも今回は食べ過ぎ注意で食事終了。
ごきげんに店外へ出て、コートを着る前に一番上に来ていた服を脱ぎ捨てる。即座にコートを着て寒さ対策。
脱いだ服はコートを入れていた袋へ。

だって今日はまだ2日目。まだ一日残っているのですよ。
ジンギスカンを楽しむ、それはつまり、匂いとの戦い。
そして胃の中の羊との戦い。

無事にコートへの匂い移りを最小限に抑えることが出来、一安心。
歩いてホテルに帰りました。

これにて二日目終了。明日は最終日!犬ぞりだぁーい。

<行動>
札幌市内ホテル→旭山動物園→紋別(流氷ツアー)→ジンギスカン(だるま)→札幌市内ホテル

<注釈>
※1:旭山動物園
http://www5.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

※2:ガリンコ号Ⅱ
http://www.garinko.com/

※3:だるま 本店
食べログ http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000007/

IMG_2260_01

IMG_2277

IMG_2282

IMG_2309

IMG_2381

IMG_2631

IMG_2666

IMG_2691_01

IMG_2695_01

IMG_2720


スポンサーリンク