BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS 2014 劇場版

【BUMP OF CHICKEN「WILLPOLIS 2014劇場版」 公開記念スペシャルトークショー中継】
@新宿バルト9 12/5[金] 19:45の回に参加してきました。

登壇したのはBUMP OF CHICKENメンバー、山崎貴監督、番場秀一監督。
司会は鮎貝健さん。

映画本編の感想やネタバレは一切なし。
トークショー部分の感想のみまとめました。

12月7日。本当は前日に突然決まった飲み会の予定でした。
その話を家でしていて、その際に「飲み会行けるってことは、BUMPも行けたってことだわー。
縁がなかったわー」と言ったのが、わりと明確なきっかけでした。

で、当日。
飲み会が急遽中止になりまして、「飲み会中止になったけど、悔しいから残業はしないでさっさと帰って寝るわ」と言ったら、「BUMP行けばいいじゃない」と。
すっかり忘れていた私に、とても大切なことを思い出させてくれた同居人、
そして風邪をこじらせて飲み会をリスケにしてくれた先輩には心より感謝です。
そんなわけで、行ってきました!

【BUMP OF CHICKEN「WILLPOLIS 2014劇場版」 公開記念スペシャルトークショー中継】
@新宿バルト9 19:45の回

まさか当日にチケットが残っているとは思ってい無かったのです。
それが!新宿バルト9の最前列と2列目は席が残っていた!!(渋谷TOHO・日本橋TOHOは完売)
昼ごろに最前列のチケットを確保しました。
仕事を定時で終わらせて(軽く奇跡)、新宿へ。
すでに迷子になるようなことはないですが、混んでいたら嫌なのでまっすぐ劇場に向かいました。
そしたら、想像以上。
まず、KINEZOで予約したチケットの発券が一つ目の行列。次に劇場に上がるためのエレベーターが二つ目の行列。
劇場に入ったら、グッズ売り場、パンフ売り場、食べ物/飲み物の売り場列があっちにもこっちにも。(パンフだけ階段で売っていた)

これが花金かっ…!!と、ワーカーホリックな私は驚愕したものでしたよ。。。

さほど待つこともなく、入場開始。入場列の最後尾について入場。
座席に座りスクリーンを見上げると、うん、首が痛くなりそう(笑)
イスへは浅めに座り、体制を整えてしばらくすると、スクリーンの映像が変わりました。

元々は、【BUMP OF CHICKEN「WILLPOLIS 2014劇場版」 公開記念スペシャルトークショー中継】と出ていたのですが、
これがどこかの会場の場内映像に切り替わりました。どこか、というかもちろん六本木TOHO。スペシャルトークショーの会場です。

どうやら場内カメラは座席内に一つ、ステージ前に一つの計二つあるようなのですが、
座席側にあるカメラがすでに撮影を開始しており、その映像が全国19劇場で流れているなんて、当然認識されていなかったようでした。
スクリーンに大々的に写り込んでしまった、あのお客さん、自分だったら…と思うと震えます。
また、結構たくさんの方々が、腕にWILLPOLISツアーで配られたザイロバンドをつけていて、それがとても羨ましかったです。
光るわけじゃないけど、なんとなく、ツアーにも参加したし、その上でこれを見に来ていますって感じがして。(当日、急に決めた私はもちろん持っていない。部屋においてありますよ)

スペシャルトークショーはほぼ定時通りにスタートしました。
司会は聞き慣れた声の鮎貝健さん。
しょっぱなから、軽く噛みつつご挨拶。そして、BUMP OF CHICKENメンバー、山崎貴監督、番場秀一監督を呼び入れてくれました。

本当に来ることを諦めていたし、登壇するのもBUMPメンバーくらいだと思っていので、まさかこんなところで番場監督にお会いできるだなんて!
番場監督といえば、かなりの数のBUMPのPVをとっている、あの番場監督じゃないですか!!

もう、それだけでとても嬉しかったのですが、番場監督の可愛らしいこと。
つばが深い帽子を目が全く見えないくらい深々とかぶり、鮎貝さんからの質問に一生懸命答えようとするんだけど、言葉に変換するのが中々出来なくて、
チャマが「ばんばん(番場監督のこと)、すっげぇー伝わってくるよ!」という言葉にフォローされたり、
でも最後の締めの言葉はちゃんとしっかり言ってくれたり、印象的な方でした。

一番印象的だったのは、チャマが答えた「番場監督との出会い」エピソード内で語られた最近の出来事。

海辺での撮影、番場監督は前日からその場で待っていた。寝袋で寝て。
しかも、その日は雨が降った。

ワイルドだ!!!変な人だ!!!(笑)

そのエピソードを言われながら、番場監督は「マイクの使い方がよくわからない」と戸惑っておりました。
チャマの「大丈夫、答えなくていいよ」と笑っていたのが仲良しな感じでとても良かったです。

ダイヤモンドのPVから、今までの付き合いで、
かつ今回のツアーではドキュメンタリー映像を撮影することもあり、ずっと一緒に回っていたそうで。
BUMPと一緒に並んでいる姿が自然なんですよね。
見ていて微笑ましかったです。

山崎監督の隣に座るヒロに振られた、15分アニメーションの見どころ。
喋りながら「あ、でもネタバレはしちゃだめか」とか、山崎監督からの「ハードルを上げすぎないで!」というお願いにアワアワしながらも、一生懸命話してくれました。

秀ちゃんも何か質問に答えていたのだけれど、忘れてしまったので割愛。
それにしても秀ちゃん、先日の王様のブランチ出演時にも思ったけれど、とても男前になりましたよね。かっこいいなーと思いました。

あと印象に残っているのは、ドキュメンタリーの見どころを聞かれたヒロと藤くんのやりとり。(なぜかまたヒロへの質問だった)
ヒロが言葉を探しているタイミングで、藤くんが何かを言う→ヒロがその言葉をそのまま言う
→藤くんが「それ、俺が言ったからね?」を3回位繰り返すっていう。
なごむー。
全般的にとても充実したトークショーでした。
ずっと見上げているのは大変だったけど、そんなことは度返しで参加できて良かったです!

その後は、映画本編の上映。
よくある映画前のCMは一切なく、そのまま本編が始まりました。
映画は12月18日までの期間限定上映。その後は2月4日にDVD/Blu-rayが発売になりますので、今回はなにも語りません。

WILLPOLIS 2014ツアーの追体験、ぜひ会場にて、またはご自宅にてお楽しみください。

来週には放送もあるみたい。

他の局では放送ないのかしら。

【関連記事】
●音楽ナタリー(初回トークショーレポート)
http://natalie.mu/music/news/133056

●BARKS音楽ニュース【イベントレポート】
http://www.barks.jp/news/?id=1000110426

●音楽ナタリー(BUMP OF CHICKEN特集 番場秀一監督インタビュー)
http://natalie.mu/music/pp/bumpofchicken13/page/3

●MUSICman-NET(トークショーニュース記事)
http://www.musicman-net.com/artist/42040.html


スポンサーリンク